デンマークセミナー

こんにちは!!ユカです。
今日は、優子先生のコペンハーゲンにある専門学校から招待されたセミナーの活動内容に
ついて、アップします。


今回、セミナーに参加した生徒さんは総勢20名。
17~24才までのフローリストリーを学ぶ学生さんがメインで、うち2名は
遠くグリーンランドからの留学生でした。

c0143243_158875.jpg


このセミナーは、International Annual of Floral Artで出品した“寒天”を使用した
作品に興味を持った先生から、オファーを頂いたことで実現したものでした。
ですから、今回のセミナーでは、“寒天”をガラスに貼り付けたキャンドルスタンドをメインに
制作しました。

もう2つは、「竹の皮を使った花束」「木の皮を使った花束」で両方とも、私たち日本人にとって
馴染みの深い、おにぎりを包む皮などに使用されているものです。

c0143243_1544157.jpg


ちなみに、レッスンは全て英語で通訳はなしです。

通訳などやっちゃう優子先生にとっては、ごくごく当たり前のことなんです。
いつも、外国のフローリストの方々と英語でメールのやり取りをされている
優子先生を見ながら、「すごいなぁ!!」と感心させられるユカでした。

レッスン後、優子先生は生徒さんから思いがけないサプライズプレゼントで大号泣!!
でっかいお皿を頂いたそうです。

器のブランドは・・・ウェブショップで扱う“HELBAK SCHERNING”です。
Quelleでは、“HELBAK SCHERNING”製のアクセサリー類を扱っています。
日本では、まだ未上陸のブランドですよぉ~。

セミナーのお話は、次回も続きます。
お楽しみに!!
[PR]
# by quelle711 | 2007-11-08 14:35 | Quelle Works | Comments(0)
デンマーク

こんにちは。ユカです。

皆様、前回の写真何かお分かりになりましたでしょうか?


早速、正解は・・・  
  「コペンハーゲンの花市場で売られていた、こげ茶色のダリア」でした。

スタイリッシュであまりにも可愛らしかったので、思わず写真を撮ってしまったそうです。


そんなコペンハーゲンの花市場はこんな感じ
   ↓   ↓   ↓
DSC01585.JPG

まるで、情熱大陸の世界・・・?!
日本の市場とは、また違った雰囲気ですよね。


なんとここで、優子先生はかの有名な“ダーゲ・アンダーセン”に出会いました。


と言っても・・・市場でお見かけして、握手を求めることも出来ず、一緒に写真を
撮る事も出来ず・・・
“ダーケ・アンダーセン”のあまりのオーラに、緊張で固まってしまったそうです。


ところで、何故、優子先生がコペンハーゲンに行ったのか・・・???


International Annual of Floral Arthttp://www.floralannual.com/
見たデンマークのフラワーデザイナーの方から
「是非、デンマークへ来てセミナーを開催して欲しい」という
オファーを受け、デンマークのスクールへ行ったのでした。


コペンハーゲンの花市場に向かったのは、このセミナー準備の為です。


その後、花市場では、優子先生のお友達のアネッテお薦めのアーモンドデニッシュを
食べて超ご満悦!!
日本では見かけない、オークの実付きの枝など、どっさり買い込んで
セミナー会場へ直行しました。


次回は、デンマークのセミナーの様子をアップしますのでしますので、お楽しみに!!
[PR]
# by quelle711 | 2007-11-02 14:13 | Quelle Works | Comments(0)
Quelle Blog オープンしました!!


初めまして!!

Quelleマネージャーのユカです。

今回は、QuelleはHPをリニューアルし、新たにコースも新設しぱわーあっぷした
記念すべき第1弾ということで、少々緊張気味です。

Qullleがオープンしてから、もうじき3周年…優子先生は、ブログでQuelleのことや、
デザイナーとしての先生の活動、その他色んなことを、ブログに書き綴って
色んな方のとの交流を深め、情報発信したいと思いつつ、今日この日を
ずっと待っていたんです。
じゃあ、何故もっと早くしなかったって・・・?!

実は、優子先生…超アナログ人間なのでした。


このブログでは、Quelleの活動や、デザイナー高木優子の作品、またQuelleでの毎日を
優子先生&ユカがアップして行きます。


今日は、このHPが完成するまでの、ちょっとした苦労話を紹介します。

このHPの制作に取りかかったのは、暑い真っ盛りの8月・・・当初の予定では、
9月に完成予定でした。
しかし、Quelleがどんな学校なのかを、いかに伝えるか・・・デザイン、コースの新設、見易さ
あらゆる面で、ゼロから制作しました。

HPの担当のナイスガイのお兄さんには、何度もQuelleに足を運んでいただき、監禁状態で
優子先生と私で、何度もミーティングを繰り返しました。
2人の熱意にお兄さんは、少々困惑気味でしたが・・・

こうして、出来上がったのが、このHPなのです。
TOPページにある、「glow」「bloom」「ripen」には、優子先生の思いが込もっています。

Quelleで学んだ生徒さんが、「芽が出て」「花が咲き」「実になる」という願いを込めた
シンボルマークなんです。
(ちなみに、カーソルをイラストに合わると「チリン」と鈴の音がしますよ♪)



下記の写真は、先日、高木先生がデンマークの学校に招待され、撮影したものです。
アナログな優子先生のミラクルショット写真です!!
皆さんは、何に見えますか??

正解は・・・次回のブログで、デンマークでの優子先生の活動と共に発表します!!


DSC01590.JPGPhoto by Yuko Takagi
[PR]
# by quelle711 | 2007-10-20 14:08 | Diary | Comments(0)